戻る

事務所トイレ

所在:埼玉県上尾市

材料:天井:赤松板貼り 厚5mm / 腰壁:杉板貼り 厚15mm 和紙貼り(埼玉県小川町和紙 他 )/床:既存利用 / 収納:チーク材、杉板 /棚:チーク材/洗面器、便器:既存利用/内窓:杉、プラスチックダンボール/付加断熱材:床下:ミラフォーム厚50mm、壁:発泡スチロール厚5mm/換気扇フード:ガルバリウム鋼板/鏡:既存利用、枠:杉/シェード:既存利用/給水排水管その他

竣工:平成28年4月15日

設計・施行:星野敏郎建築設計事務所

設計主旨:古材や古家具の材料を再利用したり、昔の床材や今は手に入りづらいINA(INAX)の昔の洗面器などを生かすようにクリーニングや配管交換をして再利用しました。また台風時のサッシや換気フードからの吹き込みを既設アルミサッシのパッキン交換や既設換気フードの上から新たなカバーを付けて防ぎ、断熱性能を向上させるために木製の内窓を新設し、床下から断熱材を施工しました。また、より使いやすくするために掃除道具などを入れる収納と小物を置ける棚を新設し、壁は杉板や和紙を使って暖かく温もりのあるトイレとしました。